高級アルコール系

高級アルコール系シャンプー、泡立ちは良いけれど・・・

投稿日:2013年7月19日 更新日:

分類上高級アルコールシャンプーと呼びますが、
現実は高級でもなんでもない安く売られているシャンプーのほとんどがこれに該当します。

薬局などで売られている¥1000円くらいのシャンプーのことです。

アルコール系

高級アルコールシャンプーと呼ばれるものは、
誰もが一度は使用したであろう一般的なシャンプーのこと。

育毛シャンプーとして売られているものもありますが、使われている成分は化学的に合成されたものがほとんど。刺激ばかりが強くて本当に頭皮環境のことを考えて作られていません。

安くてどこでも買えますが、育毛を真剣に考えるならちょっと待ったと言いたいです。

高級アルコール系シャンプーの特徴

高級アルコールシャンプーの利点としては、とにかく材料原価が安いので安価に購入できる点です。値段は¥500円からCMでやっているような有名化粧品メーカーのものでも¥1000円くらいで買えてしまいます。

洗浄力が高い成分が含まれているため、泡立ちは抜群。洗いあがりもサッパリとしており、様々な洗浄成分と髪の毛保護成分を添加しているため髪の毛の指通りも良いです。

種類も豊富でいつでも買えるのが利点ですね。

強い洗浄成分が仇になる

アルコール系シャンプーに含まれる強い洗浄成分は、そのまま育毛にとってデメリットとなります。洗浄力が高いと一見毛穴や頭皮の汚れが落としやすいと思うのですが、実際には落としすぎてしまっているのです。

頭皮は皮脂が失われすぎるとカサカサになってしまうので、それを保護しようとしてよりたくさんの皮脂を分泌してしまいます。これが過剰皮脂というもので、かゆみや頭皮ニキビの原因にさえなりうるのです。

使い方次第ではどんどん頭皮環境を悪化させてしまう悪循環に陥ります。

髪の毛の洗い上がりがしなやかになるのも、シリコンなどの保護成分が含まれているためです。保護成分は必ずしも駄目とはいえないのですが、頭皮そのものにも付着して残りやすい物質である為、肌が弱い人にとっては刺激物になります。

頭皮に残った保護成分は、育毛剤などの浸透も阻害してしまうのでおすすめできません。

コストは安くても育毛のためには使わない

このように育毛を考えればデメリットのほうが目立ってしまう結果になりました。

確かに価格は安いですが、せっかく高価な育毛剤を買い生活習慣を見直しても、肝心のシャンプーがきれいにできていなければ効果を発揮できません。

炎症で悪化した頭皮では抜け毛が増えてしまい、生えてくる髪の毛も細く痩せた髪の毛になる事があります。肌の弱い人はもちろん、育毛を一番に考えるなら高級アルコール系シャンプーは控えたほうがよさそうです。

育毛に投資するならばまずはシャンプーからはじめ、頭皮環境を正常に整えてあげましょう。

PR

-高級アルコール系
-

Copyright© 育毛シャンプーランキング!実際に使用した口コミレビュー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.