育毛シャンプーQ&A

抜け毛の原因にもなる危険なシャンプーの成分とは?

投稿日:

シャンプーは頭皮を洗浄して汚れや余分な皮脂を落とすためのものです。

そのために洗浄剤(界面活性剤)が入れられているのですが、その中には人体に悪影響を及ぼす抜け毛の原因になる成分も入っています。

ここではシャンプーに含まれる危険な成分を紹介しますので、正しいシャンプー選びの知識として覚えておいてほしいと思います。

強力すぎる洗浄成分がハゲの原因となる

シャンプーに使われる洗浄成分の中でも、最も危険なものに硫酸系の洗浄剤があります。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • パレス硫酸ナトリウム

名前に硫酸というものがつく洗浄剤です。

これらの成分の特徴は、非常に泡立ちがいいこと。洗浄力が高く、皮脂をとる力があるので洗い上がりは非常に気持ちよくてシャンプーしたという実感が高い成分です。

高級アルコール系シャンプーと呼ばれるほとんどのシャンプーに入っています。

残念なことにこれらは洗浄力が強すぎて人間の肌にはよくありません。皮脂をとりすぎてしまい、頭皮がカサカサに・・・その結果過剰な皮脂分泌を招き、毛穴の詰まり頭皮のべとべと感が強くなる。それを落とすためにまたシャンプーでごしごし洗うという悪循環を形成します。

さらにこの強い洗浄力を和らげる為に、合成コーティング成分などを多数使っているものもあるというおろかさ。

これでは頭皮環境を改善するという育毛の目的からはかけ離れた結果を招いてしまうのです。

なぜ体に良くない成分でも使われるのか?

体に良くないとさんざん指摘されているにもかかわらず、多くのシャンプーに硫酸系洗浄成分は入っています。

大手の化粧品メーカーのシャンプーにも入っており、薬局で1000円くらいで買えるもののほとんどはこれらを含みます。

理由は、非常にコストが安いから。

聞くところによると、ほとんどただのようなものだということです。

大手シャンプーメーカーは宣伝広告に多大な費用を投じる為、製品を安く作らなければ価格競争に勝てません。

そのために製品コストを抑えられる洗浄成分は欠かせないのです。

肌が弱い人は特に注意

硫酸系の洗浄成分が危険といわれるのは、洗浄力の強さだけではないのです。

実はあらゆる化学成分は、皮膚を通して人体に溶け込んでいます。皮膚にぬった薬が浸透して効果を発揮するように、化学薬品であっても同じことが言えます。

この硫酸系の洗浄剤はタンパク質変性という特徴も持ち、強いアレルギー反応の原因物質になるのです。

フケが多く出る、かゆみがとまらない、頭皮が赤くはれるという人は、これらの成分の影響を受けている可能性があります。

また水に流すことで、魚への毒性が非常に高いことが分かっています。河川が白く泡立ったりして環境汚染の原因にもなる成分で、これほど危険なものを人体に使って良いものでしょうか?

シャンプーは頭皮への投資と考える

このように危険な成分が含まれているとなれば、当然安全なシャンプーを使いたくなります。

しかし安全な成分で作られたシャンプーはコストがかかるため、通常のシャンプーの数倍の値段がかかります。

宣伝費をかけていないので、一般薬局で買えるものでもありません。

しかし頭皮のことを考えたシャンプーは汚れを落とすことだけではなく、頭皮を保護する成分も多く含み、頭皮環境を良い状態に保ってくれます。

頭皮環境がよくなればそれだけ髪が成長する環境が整うので、シャンプーというのは育毛にとても重要な要素になるんです。

全ての人に合ったシャンプーというのはなかなか存在しないですが、安全なシャンプーを使うことは育毛への近道ですので、シャンプー選びにはぜひこだわってみて下さい。

PR

-育毛シャンプーQ&A
-,

Copyright© 育毛シャンプーランキング!実際に使用した口コミレビュー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.