自宅で育毛サロンを再現??

抜け毛しないための髪の乾かし方【ドライヤーは要注意!】

投稿日:

髪の乾かし方にも気を使っていますか?

薄毛を気にしている方のほとんどは、抜け毛しないための頭の洗い方や、どんなシャンプーを使えば良いのかということを、すごく気にされています。

たしかに、雑な頭の洗い方をすれば頭皮を傷つけるため、抜け毛を促進させることにつながるでしょう。

ですが、洗髪で大切なのは『洗う』という行為だけではありません。実は『髪を乾かす』こともとても大切なんですよ。

せっかく正しい方法で、シャンプーをしても乾燥が雑になっては、頭皮環境も毛髪も傷つけることになります。

ゴルフや野球のスイングでも、ボールに当たるまでのインパクト動作とその後のフォロースルー※は同じくらい大切ですよね。※ボールに玉が当たった後の振り切る動作のこと

同じように、髪を乾かすことは洗う行為と同じくらい重要なんですよ。

抜け毛しないための髪の乾燥方法

先ほどお伝えしたことで、髪の乾かし方の重要性があなたにもわかっていただけかと思います。

そこで、ここからは抜け毛しにくいための乾燥方法を順を追って、具体的にご紹介させていただきますの是非、あなたの参考にしください。

1.乾いたタオルで水分を拭き取る

まずは、乾いたタオルを使って頭皮と髪の毛の水分を拭き取ってください。

ここで注意してほしいのは、決してゴシゴシとこするようにしないことです。

タオルを優しく頭にタッチさせる感覚で十分に拭き取れますよ。

2.ティッシュで水分で拭き取る

意外かもしれませんが、次に使っていただきたのがティッシュペーパーです。

ティッシュは吸収する力が強いですからタオルで吹き残した水分を吸い取ってくれます。

使い方は、頭の上にティッシュを載せるようにすればOKです。

3.ドライヤーで乾かす

最後に使用するのがドライヤーです。

ドライヤーはあくまでも補助的な役割であり、ティッシュでふき取れなかった水分を除去するためだけに使うと考えてください。

次の項でご紹介をしますが、ドライヤーだけで頭を乾かすのは抜け毛を促進する危険がありますから、注意しましょう。

以上が抜け毛しにくい髪の乾燥方法です。

ドライヤーだけで乾かすことが抜け毛につながる理由

ドライヤーは濡れた頭を乾かすのには便利な道具です。しかし、熱風がダイレクトに髪や頭皮に当たるためそれら傷つけることになります。

あなたもドライヤーをあてて続けて髪の毛が熱くなった経験はありませんか?

そのとき髪の温度は、たいてい100度を超えています。

100度を超えて、髪の毛は頭皮に良いはずがありません。もちろん抜け毛を促進させることになります。

ですから、今回お伝えしたようにドライヤーを使用するのはあくまでも仕上げの段階だけにしてくださいね。

タオルとティッシュだけでも、十分に髪を乾かすことができますよ。

PR

-自宅で育毛サロンを再現??

Copyright© 育毛シャンプーランキング!実際に使用した口コミレビュー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.